PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みちのくプロジェクト始動

「何をやるか?」と同時に「誰がやるか?」
今地域に、特に若い方に求められていることだと思います。
100万遍の講演会より、ひとつの行動。

「できること」「やらなくてもいいのでは?」
特段、技術やお金があるわけではありませんが、
ここはあえて直球で行きたいと思いました。

「多くの方に来て見てもらいたい。」
先日、仙台へお邪魔した時、事務局の方に言われた言葉です。

「高知のようなところは忘れられる可能性がある。」
現地へ行かれた消防士さんの談。

「どのように進めてえいかわからん。」
とは、今年から役場に入った後輩。

のっかるもよし、作り手もよし。
踊りを覚えてまわりへ伝える。
発信する力・引っ張る力をよさこいを通じて体感してもらえれば?

これがよさこいを「手段」としたいわゆるごきげん大活劇のひとつです。
また、よさこいは「出会いの場」でもあります。
運動不足も解消?!
今回の踊り「ネットでよさこい」は交流人口の拡大を狙い、
高知県が10年前に立ち上げたチーム。

などなど、いろいろな切り口のある「よさこい」の魅力を発信して行きたいとも思います。
いろいろありますが、やはり「楽しい」のが一番ですね。

この秋、みちのくへ-。
高知県青年“にぎわいボニート”(ネットでみちのくよさこい踊り子隊)。
ごきげんと行きたかったのですが・・・
県魚「カツオ(ボニート)」のように元気に踊ります。

よさこい新聞記事



| よさこい鳴子踊り | 08時41分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://gcompany.blog36.fc2.com/tb.php/391-9288c447

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。