PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

議員報告会

山沖くん質問

アンパンマンショーの余韻の残るふれあいホールで議会報告会が開催されました。

9月の定例市議会において、
市長に対する問責決議案が提出・可決されました。
西土佐地域は小学校再編について議論が交わされています。

これまで直接このテーマにふれることはなかったのですが、
この日のPTA会長・分館長・区長さんと議員のみなさんのやりとりを聞いているうちに、
「???」(キングボンビーは出ませんが)
若干、というかけっこうな違和感を覚えました。

「議員のみなさんは何をしてきたのか?いるのか?」と。

問責決議に対して賛成・反対のみなさん、それぞれ熱心にヒアリングされています。
おっとぉ、それは違うがやないかえ?と。
これだけ重大なテーマと認識しちゅうがやったら、
なんで普段からアンテナはって情報を仕入れてないがやろう?
と。

発言してみました。

「市長がどういった、あぁいったのではなく、
議員であれば行政・地域の間にたって、
お互いの事情・都合を聞き、コーディネートするのが議員の役割ではないか?」
「帰って報告ではなく、まず地域に入るスケジュールを今日決めるのが、
はじめの一歩であり、議員の役割ではないか?」

書くと整理できるのですが、しゃべるとなると妄想がふくらみ、
主語・述語がぬけちょったと思いますがこのようなことを聞きました。

僕としては問責決議を出すのではなく、
まずやることがあるのでは?と。
(ひょっともうやりつくした上でのことかもしれませんが…)
ただ、政治について聞きかじる程度なので、
現在の仕組み・ルールの中ではそのような方法しかないのかもしれません。

僕としてはどうしても入れなければならないのであれば、
賛成・反対ではなく、棄権という選択になります。

僕の中で「やることやってない」ような気がしますが、
そのことは「やらなくてもえいこと」かもしれません。

例えば、「関係者しかいれてもらえんかった。公約の『対話』と違うがやないか?」
と、地域の方が疑問に思うのは当然だと思います。
行政側からすると、「まずは」と言う段取りがあるのやもしれません。
それを確認せず、「約束と違うがやないかぇ。」
と議員の方が詰め寄るのは違うでしょう。
行政の方の都合・事情を聞き、
地域に入って、地域のみなさんが集まれる段取りを組むのが、
議員の方の仕事だと思います。

来月6日から12月議会が始まります。
中村あたりをろいろいしながら議会のにぎわいを見学してきたいと思います。

| 祭の先のまつりごと | 16時09分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://gcompany.blog36.fc2.com/tb.php/358-50085d7e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。