2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

議員報告会

山沖くん質問

アンパンマンショーの余韻の残るふれあいホールで議会報告会が開催されました。

9月の定例市議会において、
市長に対する問責決議案が提出・可決されました。
西土佐地域は小学校再編について議論が交わされています。

これまで直接このテーマにふれることはなかったのですが、
この日のPTA会長・分館長・区長さんと議員のみなさんのやりとりを聞いているうちに、
「???」(キングボンビーは出ませんが)
若干、というかけっこうな違和感を覚えました。

「議員のみなさんは何をしてきたのか?いるのか?」と。

問責決議に対して賛成・反対のみなさん、それぞれ熱心にヒアリングされています。
おっとぉ、それは違うがやないかえ?と。
これだけ重大なテーマと認識しちゅうがやったら、
なんで普段からアンテナはって情報を仕入れてないがやろう?
と。

発言してみました。

「市長がどういった、あぁいったのではなく、
議員であれば行政・地域の間にたって、
お互いの事情・都合を聞き、コーディネートするのが議員の役割ではないか?」
「帰って報告ではなく、まず地域に入るスケジュールを今日決めるのが、
はじめの一歩であり、議員の役割ではないか?」

書くと整理できるのですが、しゃべるとなると妄想がふくらみ、
主語・述語がぬけちょったと思いますがこのようなことを聞きました。

僕としては問責決議を出すのではなく、
まずやることがあるのでは?と。
(ひょっともうやりつくした上でのことかもしれませんが…)
ただ、政治について聞きかじる程度なので、
現在の仕組み・ルールの中ではそのような方法しかないのかもしれません。

僕としてはどうしても入れなければならないのであれば、
賛成・反対ではなく、棄権という選択になります。

僕の中で「やることやってない」ような気がしますが、
そのことは「やらなくてもえいこと」かもしれません。

例えば、「関係者しかいれてもらえんかった。公約の『対話』と違うがやないか?」
と、地域の方が疑問に思うのは当然だと思います。
行政側からすると、「まずは」と言う段取りがあるのやもしれません。
それを確認せず、「約束と違うがやないかぇ。」
と議員の方が詰め寄るのは違うでしょう。
行政の方の都合・事情を聞き、
地域に入って、地域のみなさんが集まれる段取りを組むのが、
議員の方の仕事だと思います。

来月6日から12月議会が始まります。
中村あたりをろいろいしながら議会のにぎわいを見学してきたいと思います。

スポンサーサイト

| 祭の先のまつりごと | 16時09分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西土佐人権フェスティバル その③ -また、これから まだ、これから-

やきいも写真

「たつよしくんは良かったと思います。」
このひとことが今回のすべてでした。
本番は茶番。
たまに他の方のツイッターでも登場しています。

高知県主催ということもあり、
大勢の方が見えられた今年の人権フェスティバル。

もち米45キロがいったい何者なのか?
焼きイモは?

すべては日曜日にも関わらず、
日付が変わるまで続いた打ち上げに、答えは水の中です。

高知からは高知大生川村くんと

川村くんサンタ帽

鬼娘。さんが。

鬼娘。とおいしいおうどん

「どうして○△なんですか?」
まさに的確な指摘。

次は、北幡青年大会にクリスマス、成人式と続きます。
また、これから、まだ、これから。

2010年のおわりがはじまります♪

火の番






| しまんとの青年団 | 22時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西土佐人権フェスティバル その② -ほくほく、やきいも-

「ほく、ばん、ばん♪」
思わず口ずさみたくなるフレーズにのって、
いよいよ明後日人権フェスティバルです。
今日は焼き芋のポップ制作。

絵心大さんのN&M姐さんによるほくほく看板。
にぎやかな予感が♪

お芋は西土佐産。
山間屋中脇さんとニューかっぱ亭が元気なむねみさんの金時。
試食してみましたが、甘さ抜群です♪
当日はマーガリンをかまえてお待ちしよります。

高知からは焼き芋先生と鬼娘。も。
こちらもにぎやかに楽しくなりそうです。

28日(日)お昼ころにはぜひ、西土佐ふれあいホールでお待ちしております♪

やきいも写真



| 地域イベント | 00時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人権フェスティバル2010 その①

青年団も人数と元気な仲間が増えてきて、過渡期を迎えつつあります。
「ちょうど中学生が成長が早すぎて骨や関節が痛くなるあれよ」、
と、会心だと思ったのですが、みんな意外とピンときておらず…。

そんな前置きはさておき、今週末は人権フェスティバルでのもちつきと焼き芋があります。
昨晩は緊急(?!)役員会議。

青年団に限らず、仕事やなにやろや、その他多くの会議で感じるのは、
その場で決めてしまう、のは当然のことですが、
それがいつのまにか「その場で考えだす」ことが、
あたりまえになっていることが多いことです。

これもあたりまえと言えばあたりまえのことですが、
肝心のたたき台、土台がぬけており、
あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
最後はトップの機嫌や多数決で決まっちゃったりして…。

「どんなことしたい?」
と言われても、「テーマ・コンセプト・規模・雰囲気…。」
などの基本情報が共有できていないと
ふられても何をどう答えたらえいかわかりません。
「好きにやってええよ。」
と言われて責任感・使命感発揮しようものなら、
なっくるパンチが飛んでくることあったり…。

まさにこの部分をどげんとせんといかんばい、
と僕は思います。

オレンジハウスを掃除をしていると、昔の写真が。
社会情勢の変化などあるのでしょうが、
このにぎわいがわずか5年ほど前のものとは信じられない現状の感覚です。

いつのまにか前例に頼り、いつのまにか土台もなくなっている、
のにのに、です。

これから仲間が増えていくにあたって、
土台をつくる、柱になっていく仕組みにしていきます
(人柱はごめんこうむりたいですが…)。

徐々にですがその芽はでつつあると実感します。
その答えは今週末。
えい会議でした。

頼むぞ団長!

人権フェスティバルは28日(日)。
あのイモメンも高知からやってきます。

司会は青年団




| 祭の先のまつりごと | 10時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西土佐⇔黒潮町

最近、保育園の横を通る時に「おおさきさ~ん」の声が聞こえないなぁ、
と思いよったらなんと肺炎にかかっているとのこと!?
R&Rの諒くん緊急入院です。

山沖くんといっしょにお見舞いに。
小児科に入るのはこどもの時以来。
こどもの国のようなしつらえになんだか和みながら入室です。

はたけんみん

いたって元気そうでなにより。
「はよぉ、元気になるがで~。」
持っていったみかんをいただきほどなく退室です。

りょうくん

この日は生涯学習フォーラムが高知県で初めて開催されており、
サテライト会場である黒潮町へ。

駐車場係りなど、支援員のみなさん総出で応対されています。
お疲れ様です。

この日は毎月第2日曜日に開催されている海辺の日曜市特別版、
「環境マルシェ」が開催中。

途中つぶやきもしましたが、
麦屋さん、のみと言っていいほどの大行列でした。
さすが、です。

マルシェ行列

「グリーンカレーが美味しいよ。」
関塾1期生岡村さんに教えていただき、並びます。
聞くと梼原町から毎月こられているとのこと。
ココナッツミルクとちょい辛のスープカレー風グリーンカレーです。

グリーンカレー

新しい味だけでなく、新しい嬉しい人とのであいも。

「博士さんですか?」
しょうへい君のお姉さんでした。
黒潮町役場に勤務され、海辺の日曜市の中心スタッフとして活躍されています。
しかも同い年、76世代です。

「そういう時代になりつつありますねぇ。」
こちらはえっちゃんさん。
感性をそのまま引き出すデザイナーさんです。
なんだか占い師さんに診てもらっている雰囲気でぽかぽかしてきます。

何気なく参加したイベントでしたが、イベントの主旨とテーマ、
そして規模がしっかりしていると、
今日のような次が楽しみになるご縁とめぐりあえます。

お昼からはホール満杯にして開催された、
梅原さんの講演会を聞いて終了。

来週も黒潮町へ。
いよいよいよいよ動き出す(!?)、
しまんとのにぎわいに乞うご期待(?!)、です。



| 地域イベント | 00時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あら、こんなところに♪

最近すっかり見かけなくなって、
一部では高知に重心を置いていると噂されるしまんと博士ですが…、

これは書いておこねばならないでしょう♪
「今日はやめてくださいよぉ~、化粧してないですからぁ♪」
噂には、というより金太郎さんブログで拝見していた武内くん。
セイウチンのような愛くるしい印象ですが…、

フェミニンくん

「あの日みたいに今日は頑張ってないですから♪」
「あの日?」
隣にいたまさみさんも若干反応しています。
聞いてないのに自分から切り出すあたり、さすがフェミニンくん。
どうやら西土佐運動会を独り妄想しているようです。

「ブログ書き込みいっぱいやりゆうがやって?」
「ムフッ♪」
確かに。
ホテル経由と僕と同じコースを辿る後輩です、ファイト!
「落ち着いたら連絡したや。」
青年団で待ってるぞ!

| しまんとの青年団 | 23時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四万十市戦没者ならびに満州分村殉難者合同追悼式

戦没者追悼式典

市立文化センターで開催されました。
西土佐地域は県内で一番多くの方が渡満されました。
村史にはその凄惨な記録が残っています。

地域で生活するには、まずその地域の歴史を知ることが肝要かと思います。
若い世代が受け止め引き継ぎたいと思います。

| 未分類 | 09時41分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第59回全国青年大会 その③ -いまから、ここから…-

「なに?JC?」
青年なにやろ、と言うとどうやら青年会議所を想像されるみたいです。
あらためて「経済」が中心だな、
と認識しつつ一方ではにやりとすることはあるのですが…。

全国青年大会、実はこんな大会です。

開会式。
平日木曜日にも関わらず、北は北海道、南は沖縄まで、
全国から約1500名のみなさんが集結。
金曜日からの体育・文化への参加者は約3000名を数えます。
大会テーマ曲は『北極星』やそのまんま知事の物まねで有名な
戸高さんが作曲されています。

開会式第59回全国青年大会

高知県団も阿部くんが県の代表をやっている頃は、
100名近い選手団が参加していたとのことですが、
高知県など行政の応援がなくなってからは…。
現在は10名前後の参加となっています。

そんな中、孤軍奮闘決勝戦まで進まれたのが、
馬路村体育協会のみなさん。
決勝は0-5で惜しくも負けたものの、
県勢初となる準優勝に輝かれました。

「明日あいちゅう?」
大崎の誘いはなにか別の目的があるのでは?
と昔も今も(!?)言われます。
そんな中、5年ぶりに再会を果した鷹くんは、
喜んで巻き込まれた(?)だけでなく、突然の(いつもですが)パス、
「黄色の服もっちゃぁせん?」
と理由もなく突然のことにも、理由も聞かずかけつけてくれました。

ごっくん応援隊

なので裏テーマをどんどん盛り込むことができ、
鷹くんもフレーズにならず話はいよいよ膨らみ深まります。
即席ごっくん応援団のできあがりです。

来年は関東在住の高知県の方と連携して、選手・応援の参加を促してみます。
夜は後輩ごり丸くんの結婚式2次会に参加。
「ナイスにコメント書いてって言うちょってぇ。」
など、なつかしい面々との再会。

せのお

ネットだと格安夜行バスがあったりと、近くに感じる関東圏。
少しずつ地名も覚えてきました。

しばらく行くことはなさそうですが、
次回のにぎわいが楽しみな東京ツアーになりました。

南中赤ふん




| しまんとの青年団 | 10時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第59回全国青年大会 その② 

初日を勝ち上がった高知県代表。
2日目を向かえ、
応援チームもグッズ・ユニフォームをそろえて力が入ります。

ごっくん応援隊

3回戦は岩手代表。
ここまで来るとちょっとしたことが勝負の分かれ目に。

「そこはつっこまさなぁ。」
ベンチからよりもスタンドからの声が、
試合が進むに連れて大きくなります。

大歳さんの「ごっくん馬路の村おこし」に出てきた、
監督も兼ねる村長のシーンが浮かびます。

そんなこんなで試合はゼロ行進。
均衡を破ったのは…、がぁちこーんのホームランでした。
初めて見た軟球のスタンドイン。
聞くと室戸高校が甲子園でベスト8に進んだときの選手とのこと、納得です。

そして準決勝。
相手は長崎代表、龍馬対決。
みんな高知の選手よりひとまわり大きく、
投手の速球とキャッチャーミットのどん、の音。
硬式やないがやで、とつっこみつつ、プレイボール。

この試合も投手戦でしたが、見せ場は土壇場に。

タイム作戦会議

2・3塁から際どい内野ゴロにつっこみ…。

決して大きなあたりはなかったですが、
つないでつないでつないで、その時を迎えました。

「明日これんかよ。」
村長決勝を前に連絡されています。
ゆずの村ごっくん馬路村を感じる瞬間です。

決勝戦は残念ながら見ることができませんでしたが、
この2日間が今後のにぎわいゼロポイントになるような、
お土産となりました。

集合写真ごっくん

果たしてお声かけされた選手は果たして来たのか?
そして高知県代表の結末は?
第59回全国青年大会のハイライトともに最終回へ続きます。




| しまんとの青年団 | 12時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第59回全国青年大会 その① -ごっくんやりゆぅ♪―

昨日が開会式で今日が初日。
高知県代表は軟式野球と卓球の出場。

馬路村体育協会のみなさんが参加。
緒戦は宮城県代表。
昨年準優勝した相手を4対0。
そして2回戦。
ひぐま打線で有名な駒大岩見沢高校など元高校球児がいっぱいの北海道代表。

「あのことあのこは室戸、このこは学園」。
高知も負けていません。
そして…。
結果は1対0で勝利。
見事ベスト8に進出です。

「朝でてきたがよ。」
「ディズニーいけるようになったがやない?」
即席応援団。
なんと馬路からかけつけています。

「北海道代表に1対0…。」
なんと速報を村内放送で流すべく馬路村役場へ連絡されています。
さすが、ごっくんの村、こちらもついッと拡散希望です。

そして日付的には今日。
ベスト4、決勝をかけたたたかいが始まります。

本日11時半プレイボール、駒沢運動公園硬式野球場、です♪
関東在住の高知県出身の方、また高知がすきぜよの方、集合です。
楽しい応援グッズをかまえてまちよります。

神宮もえいけどこっちもあついぜよ♪
ぜひっ♪♪

写真_1~1

| しまんとの青年団 | 02時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スワンTV住民ディレクターが行く その② -玖木(くき)いくき~♪-

幡多は「いくけん」ですが、
先日の日曜日は玖木のもみじ祭。

玖木はゴーカートサーキットがあったり、
山口区長はじめ元気なおんちゃん・おばちゃんがおり、
いつもシシ汁・アメゴが楽しみな地域です。

また、四万十川本・支流40010個(実際はもう少し、いや、もっと少ないですが)のうち、
ベスト3というより1番きれいな水として有名な黒尊川。

口屋内から20分弱で辿り付ける、知られていないけど、「おいしい」スポットが玖木です。
参加者は20名。
自称東京から来たと言う幡多弁を元気よくしゃべるお母さんグループや、
市川さん、やっちゃんなど行政関係、そしてご存知山沖くんも参戦です。

雨があがったお昼から橋めぐり・紅葉めぐり。
高知放送さんもこられる紅葉スポット。
今週末が見ごろを迎えそうな色づきですが、
青りんごや青いうちのバナナが好きだと言う方は、
今日明日が赤いのも食べれて両方えいかもしれません。

噂の木橋。
運動会の平均台のようで、増水時にはひっとり流され、上がったら元に戻すそうです。
ほかのみなさんはそろそろ歩きですが、市川さんはすいすいと。

紅葉にいこうよう♪
今週末は黒尊むらまつりも開催されます。

くき全員集合


| 地域イベント | 09時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふぁーまーしまんとのみなさんとのにぎわい♪

同い年のもくねんさんが発起人となり、中村でふぁーまーの集いがありました。
もくねんさんは高知で同い年の会「76会」を開催するなど、
地域・世代の幹事さんです。

開始時刻に行ったのですが、すでに幡多方式、というより、
会も中盤、というような熱気です。

いろいろ驚きがあったのですが…、
まず、農業をされている若い方がこんなにも。
そして、ほとんどの方が県外の、いわゆるIターンで来られた方です。

「希望者はもっとおるがやけど…。」

あぁしよう、こうしようと話は弾む反面、

「ある程度立ち位置がないと…。」

共通の現状認識ができるしかも当事者になろうとする…、
やはり76会です。

「県職でうどん打てるがは僕ばぁ、で。」

あっちにこっちに大いに盛り上がるにぎわいの始まりです。

四万十ファーまー


| 祭の先のまつりごと | 23時28分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第87回北幡青年大会 その① 

このブログでも何度か登場している青年団。
年に1度、北幡地域(旧大正町、十和・西土佐村)の青年が一堂に会した
青年大会が開催されます。
87回の歴史を数え、これは日本一古い青年大会とのことです。

3地域持ち回りで開催され、今年は西土佐が会場。
必然と西土佐が主管となるのですが…。

「前夜祭はないがです?」
「まぁ、やりもって。」
「100人も入らんろぅ。」

楽しい語らい

以前は弁論大会と相撲など体育大会の2日間開催されていたのですが、
参加者の減少やあれやこれやで、現在の体育大会のみとなっています。
(弁論大会を復活させたかったがですが、前日高知でにぎわいが…)

まっする

世間から忘れられている(と言うか知らない)感のある青年団ですが、
「人と反対方向に全力疾走する。」
と言われる身としては、血が騒ぐにぎわいです。


準備の様子はおいおいと。
そして、青年だけでなく、壮年も。
橋本さん、お待ちしております♪
森さん、よろしくお願いします♪
にぎやかな年の瀬が近づいてきます。

北幡ポスター(仮)

第87回北幡青年大会
日時:12月12日(日)8:30~17:00(18:00?~後夜祭)
場所:西土佐中学校体育館・西土佐村民グラウンド ほか
内容:バドミントン・ソフトボール(午前)
   フットサル・バレーボール(午後)
   綱引き(お昼)
   スカッシュバレー(予定)



| しまんとの青年団 | 09時26分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第5回土佐民主塾

午前中はゆーさんが僕に代わってスーパーサブ。
「マストのぼりはかんべん。」
と言っていましたが、どうやら出番はなく、ほっとしていました。

こちらは高知市。
土佐民主塾も終盤戦。
今日で5回目。高知県の財政について学びます。
財政分析講座を何度か受講し、ついていけるはずだ…、と。

フリーザに勝てると勘違いしていたべジータ、
レベル的にはウーロンあたりでしょうか?

西土佐に戻るべく、中座。
快晴の中、四万十へ。
途中全然車はいず、す~いすい、と。
道の駅あぐりととおわのみ満車。

いざ、村民運動会へ。
朝の勉強の答えはお昼の運動会の中にあるのでは?
絵を描ききらねばっ!
お楽しみに、です♪


| 祭の先のまつりごと | 09時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西土佐地域分館対抗運動会 その② 

森さん分館運動会

2年に1度開催される分館対抗運動会。

どの部落もこの日のために練習します。
当日もおそろいのTシャツや太鼓・のぼりを繰り出し、
わきあいあいだけでなく、
各部落の威信をかけるといってもよい熱気が村民グラウンドに。

藤の川応援団

優勝は約40年ぶりの本村分館に。
川分館は…。

僕は仮装行列に♪くさレモン役で…。

ひどいくさレモン

連日の練習のかいもあり、楽しく終えることができました。
ゲゲゲ・AKBの出し物が多かったのですが、
そういえば龍馬伝ネタは意外となかったな、と感じる仮装行列でもありました。

最終打合せ

そして打上げ…。
「川運動会は?」
村民運動会の無い裏年にかつて、
といっても4年前くらい前までやっていたとのこと。

「西ヶ方には負けとうないね。」
こちらは仮装行列。
ボーイズのみなさん、ぶっちぎりでした。

愛の戦士

熱気をそのまま持ち込んだ奈路の集会所。
久しぶりにガッツリなペースの宴会でした。

「このような社会教育は地域の土台であり、柱。」
とは片山宮地区長の言葉。

片山校長先生閉会あいさつ

にぎわいの血が騒ぐ1日でした。




| 地域イベント | 10時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西土佐地域分館対抗運動会 その① 

「じゃんけんぽん出てや。」
明日は分館対抗運動会。
集会所でリハーサルです。

運動会練習

僕はスーパーサブ(?)と言うことですが、
午前中は所用のため、ゆーさんが代わりに出場。
僕は午後からです。
「練習あるけん、今日はいけん。」
2年に1度の運動会。
青年団の役員会やナイターソフトが延期になるほど、
この時期どこの部落でも準備に余念がありません。

また、この日はお祭の日でした。
神社でおんちゃん達がにぎやかに太鼓を叩きながら酒盛りを。

帰りお邪魔したのですが、思い思いに叩き大変にぎやか。
こども達もトントントントン、と。
「おっ、いけちゅう。」
僕も初めて叩いたのですが、
うまくいくときはなんだかぼわーんとハモると言うか…。

腹太鼓 ですぎ・・・

この夜のようなにぎわいは、こどもたちにとっては原体験となる、
山間地域ならではの人の風景です。

明日は絶好の秋晴れになる模様♪
「川分館いくぞ~♪」
元気な声が村民グラウンドにこだまします。


| 地域イベント | 08時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新居浜見聞録 その② -る・る・ぶ新居浜-

「マイントピア べっし~♪」
子供の頃、香川の灸まん・レオマワールドにならぶ、
インパクトのあった県外CM。
新居浜は住友金属発祥の地。
マイントピアに行かねば、
とはりきって早朝に出発したのは良かったのですが…。

気分

「そろそろいっとこうか。」
間もなく再開する坂の上の雲。
「いざ、奉天へ。」
気分は好古。洲之内くん元気にやっているかな?
ドラマはあまり取り上げられない明治中期の話なので、
ドラマを見る前に原作を読んでおくことがおすすめの楽しみ方です。
1話90分もあるし、けっこうふんばって観ます。

お昼もだいぶまわり、
おなかがすいたところで、松山のB級グルメ、三津浜焼き。
ボリューム満天ですが、するすると胃袋に吸収されていきます。

三津浜焼き



さて、新居浜へとなるはずが、
「こんなところに!!」

ジャブロー

達吉団員から聞いていた噂の専門ショップ。
久しぶりに血が騒ぎますが、
僕が保存しているキンキラのカードダスに比べたらちょっと物足りないぞ、
と軽く突っ込んでいたら夕方前。

結局会場入りしたのが開始前、マイントピアは次回のお楽しみです。





| 未分類 | 09時39分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。