2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観光立国にっぽん!

「るーらるとは『思い出』、ぽけっといっぱいの思い出を詰め込んで…。」

をコンセプトに組織された四国西南地域の観光施設のネットワークです。

「日本はまず、観光立国を目指す。」

大きな転換点に立っている国にあって、
前原新大臣の重点的な施策のひとつが『観光』とのことです。

近年珍しいスピードで観光庁も整備され、予算額も大きく増えているとの報告を、
実例を交え観光庁の官僚の方より報告。
中央のにぎわいの一端を垣間見ます。

その後意見交換、そして懇親会と怒涛の流れが巻き起こります。
そのプロデューサー&コーディネートは
森の国ホテル隅田MG。

今回も多くの方と意見交換させていただき、
トロッコ列車や駅舎、そしてお隣の宇和島との関わり、
帰りご一緒させていただいた上山支配人とのあれこれ、などなど
西土佐にたくさんのお土産をいただき岐路につきました。

です!
スポンサーサイト

| 東北復興支援・交流 | 22時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぽっぽ

栗は西土佐、温泉は松野、2つをつなぐは汽車の旅。

四万十に来て初めて江川崎-宇和島間の汽車に乗りました。
普段車で通る国道の対岸を走ります。

真土(まつち)の奥に道路が延びていたり、沿線に栗やゆずがたくさんなっていたりと
穏やかな発見にごとごと揺られながら松丸に到着です。

松野駅1

松丸駅には『ぽっぽ温泉』が隣接しており、駅から直接入れます。
さらには、足湯のサービスがあり、待ち時間を有効に使えました。

足湯

そして構内。
なんと、PCコーナーがありいたれりつくせりです。
最近調子の出ないフリーメールに変わり、
新たにG-mailを取得しました
(先日HITの会があり、早めにやっておきたかったので大変助かりました)。

待っている間に電話。
先日お会いしたフラフの8代目の方から電話。

「宿毛JCの方が中村で会いませんか?」

ぜひ☆

田中市長を囲む会で、2月の出会いイベントについて話したのですが、
丁度、宿毛でも先日開催されたとのことで情報交換したい旨を伝えていました。

そうこうする内に迎えが来ました。
森の国ホテルへ向かいます。

| 東北復興支援・交流 | 08時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つかもうぜ!

「CをOS」
「任天堂はDS(?!)」

やじろべぇがべジータと孫悟空のたたかいを見ているような光景が広がります。
今日はHIT(幡多IT実践塾)の会が中村で開催されました。

ヒット1

ネットの世界のスピード感にはいつも驚かされます。

「やるかね?」

今度は完全体になったセルにたじろぐクリリンが登場です。

せめて気孔砲が使えるようになりたいです。

終わった後はお楽しみ交流会。
今日はもつ鍋「とみぃ~。」が会場です。

とみぃ~。2

普段なかなか行くことのない、中村のお店を知ることが出来ます。
そんな(どんな(?))HITにぜひ!!

とみぃ~。1

次回は西土佐11月下旬開催です。

| 商工会青年部 | 09時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

縁 -偶然ではなく、必然-

婚活イベント

少子高齢化に歯止めをかけようと、
全国各地で『婚活イベント』が盛んに行われています。

西土佐でも、来年2月開催されることになりました。

「2月?寒くないかえ?」
「寒いです。」

こんなやりとりを皮切りに商工会青年部が中心となって動き出しました。

商工会青年部

その日はバレンタインデー。
月明かりの無い日本有数の美しさを誇る西土佐の夜空を眺めながら…、
暖炉の火の向こうに映る…、

妄想は膨らむも現実は…、
男性陣ばかりなので『ロ』の字が出るかどうか…。

今年度、県内トリを務める西土佐の出会いイベント。
このイベントをきっかけに内も外もにぎやかになるような、

間もなく詳細発表です!
お楽しみに☆



| 商工会青年部 | 14時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月15日といえば・・・

ひとつは坂本龍馬が生まれた日(生誕地の本丁筋近く枡形では龍馬祭があり、
よさこい踊りやもち投げが楽しめます)。

そして、西土佐(じつは十和でも)では、2年に1度開催される…、
そう『産業祭』が開催されます。

産業祭にむけて

星の郷実行委員会では、盛り上げ役を担おうと言うことで、
『星の郷ステージ in 産業祭』を開催します。

七夕・芋煮と来て3回目になります。

プログラムを考えていると…、支所から連絡が…。

「!!!」
「そりゃぁ、えい!」

担当の森くんと中学校へ向かいます。

森君

| 地域イベント | 09時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しまんとのB級グルメ☆

「いちじゃもの~、ぉお、いち、じゃもの~。高知の祭りはいちじゃもの~。」

フェスティバル土佐ふるさと祭りに参加してきました
(上の唄は夏に開催されていた鏡川祭りでした)。

東は室戸から西は大月まで。
高知県内の『美味いもの』が一同に会するこのお祭りは今から約40年前、

「田舎から高知に出てきて生活する方が多くなった。
ふるさとの味を楽しむことで、田舎を思い出すきっかけになれば。」

との思いから開催されるようになったようです(依光裕著 一所懸命 土佐に生きてに経緯・背景が記されています)。

許可証

ぽっぽ栗など、その盛況振りが道の駅まで聞こえてきます。

「旬のしいたけと十和ポークたっぷりの・・・。」

元気な声が響きます。
そのかいあってか、隣の隣まで大行列(単に回ってないだけとの話も・・)。

焼きまくり

地域支援員市川さんがこしらえてくれたポップ、さらには、緊急時の買出しと、
何から何まで助けてもらいなんとか・・、ならないくらいの人。

他のブースを見る間もなく、蛍の光が聞こえてくるまで焼き続け、
小松さんからお借りした大きなクーラーボックスもすっかりすっからかん。

ポップ

毎週日曜日。道の駅四万十とおわで実演販売中の
ここしかない、十和ポーク焼きそば。

今は旬のしいたけと、
田辺さん(西土佐商工会女性部部長)と松村さん(土洲勝秀さん)
のピーマンが入った秋バージョンがお楽しみいただけます。

B級戦士しまんとファイター。
今後の妄想を膨らませながら越える久礼坂峠が楽しい、帰路でした。

| しまんとファイター | 09時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日の四万十を考える会2009

中村青年会議所が中心となって、『明日の四万十を考える会』が開催されました。
講師は田中全市長。
今年5月に新たに就任されました。

西土佐浜田社長も進行役で奮闘しています。

田中市長

まず、田中市長より講演。
先日開催されたウルトラマラソンや市民病院のこと。
途中、出席の市議さんとのやりとりが議会の様子を伝えてくれます。

休憩を挟んで質疑応答

質疑応答

「西土佐会場を開催できないか?」

「なぜ?」

「十和の前夜祭会場、中村のゴール地点と滞在型の地区は準備も大変だが、
 その分地域内での交流が促進され、連携が強くなる。
 ランナーの方にとっても思い出深くなる。西土佐もカヌー館が基地になっているが、
 全体の流れの中では『通過型』だ。
 20回30回など、記念大会に合わせて開催できないだろうか?」

「サロマ湖マラソンを抜いて、ウルトラマラソンは参加するための競争倍率が全国一になった。
 今までもそのような議論があったか分からないが、前向きに検討したい。」

前夜祭2

その他

「ゼッケンに出身県を入れるのはどうか?」

グッチ

など、短い時間でしたが、
西土佐商工会青年部からはウルトラマラソンの話題で幾つか質疑応答しました。

「十和でも栗やってるよねぇ?」

「はい。」

「今回の栗だけでなく、大小イベントなど、内容、時には日程も重なることがあり、
 主催者・参加者、そして生産者にとってあまり効率がよろしくない(と思われる)事例があります。
 今後、行政と連携して、民間が作る公的機関が必要ではないかと思います。」

「とは?」

看板

宴会も盛り上がり、西土佐でも今回のような会を開催したいと思いました。

「一緒に創る」

その気持ち・行動が大切だと改めて感じる夜でした。

| 商工会青年部 | 08時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たたかいすんで・・・(余談)

「ま?!」
宮田さんなど、十和の方が良く使う感嘆句です。

「おっとぉ!」
これは僕が最近良く使う感嘆句(らしいです。中平くんにつっこまれます)。

最近、生産者さんの栗園を案内してもらうのに、よく汗をかきます(片道20分の栗園もあります)。

てっぺん

また、先日のソフトボールに向けて練習をしたので、今回は楽しみでした体重計。

「ま?!」

微増。

学生時代の体型へ。
目指せ-20k。

少し細く・・

| ソフトボールチーム『40010☆』 | 19時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たたかいすんで・・・(その2)

宮田さん

3回を終わって2対1。
なんと、リードしています。

主砲
兄弟

道の駅中平君殊勲のデッドボールに始まり、
兄弟先制攻撃、

そして、

「キン!」
「ナイス、ショート!」
「キン!」
「抜け・・・、ない(?!)」
「誰?」

そんな空気が相手チームだけでなく、
出番待ちしている観客席からも漂う華麗な守備。
石川遼くんもびっくりです。

月に向かって打て
主砲2

さらに、この日は魔球が冴えたエース(?)の快投(?!)により、
中盤を迎えました。

総監督

が、

やはりそこは経験の差でしょうか?
魔球もよく見れば絶好球。
いくつも外野の頭を越えていきました。

親子会議

結果5-11。

実に見どころの多い試合となりました。
道の駅や商工会で振り返る余韻を楽しみながら、
来年に向けての構想が広がる最後の大会でした。

忘年会が楽しくなりそうです。

集合

来年の活躍が期待される『40010☆』。
応援よろしくお願いします!

| 星の郷実行委員会 | 09時11分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たたかいすんで・・・。その1

開会式

あの敗戦から約2ヶ月(8月31日 vs西土佐コーポレーション 2-11 コールド負け)。
捲土重来を期して今年最後の大会に出場です。

「今日の目標は先制点をとろう」

意気込みの割には控えめな目標のもと、
すっかり冷え込んできた夜のグランドに11名の選手が集います。

メンバー発表

前回はあれやこれやで当日の夕方まで選手を集め、
挙句には記録係のレオ君にお願いし、それでもメンバーが集まらず・・、

今回は違います。
立上げメンバーに加え、十和から心強い宮田組。
道の駅四万十とおわからは店長中平君

そして外国人枠(他チームからの助っ人は2人まで可能)で本村から川上くん、
毛利さん弟、さらにはピッチャー経験者のベテラン麻田さんと、

何かが前回と違います。

「いけそうな気がする~。」

気のせいでは無い気がします。
相手は昭和木材チーム。

いよいよプレイボール。
ハイライト盛りだくさん、道の駅井上支配人も驚く結末は・・・?!
後半へ続きます。

プレイボール


| ソフトボールチーム『40010☆』 | 17時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウルトラマラソン2009 その2

ゴール1

♪さくら~、ふぶ~きの~
あの雰囲気です。
顔も名前も分からないですが、自然と拍手、
いつの間にか温かくなるゴール地点でした。

ボランティアスタッフ

中高生を中心としたスタッフもここかしこでテキパキ活躍しています。

大人気おうどん

麦屋さんは大行列。
話しかける間がありません。

十和青年団

会場でばったり、十和青年団のみなさん。
もう一走いけそうです。

グッチ

こちらは我らが谷口団員です。
足取りも軽やかに、応援すると山間屋さんのコーヒーチケットをいただきました。
去年よりも大幅に自己記録を塗り替えたようです。

コーヒーチケット

最後ですが、前夜祭。
前夜祭2

ランナーさんが1年ぶりの再会に抱き合ったり、

「どちらから?」
「津野川出身ながですよ。」

だったり。

スタートとゴールの十和と中村。
『通過』ではなく、『滞在』の地域がちょっぴり羨ましいウルトラマラソンあれこれでした。

来年は出たいな・・・(と去年もおもいましたが・・)。
終わって2日経ちますが、余韻はまだ残っています。

今のうちに・・・。

| 地域イベント | 19時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウルトラマラソン2009

用井26番

ボランティアとして参加した今年のウルトラマラソン。
ゴール地点の様子を見たくて441号を中村へ。

「あっ、さっき走りよったランナーさん。」

ゴールまであと10k。かわらっこを過ぎたあたりです。
カヌー館近くでスタッフをしていたのはお昼過ぎ。
みなさん足取りが明らかに重たくなっています。
中村へ

すぐ後ろにはバスが待機。
時間内に各関門を通らなければリタイアとなってしまいます。
会場に到着しました。

「40010番、地元西土佐谷口さん。」
など、司会の方が名前を読み上げます。

ボランティアスタッフ

さらに、「おかえりなさい」や「もう少しがんばれ」など、
体感そのままを司会の方が伝えるMCはゴールの臨場感が会場中に響き、
フィナーレの雰囲気がいっぱいです。

ゴール1

続々とランナーがゴールする中、ただただ、ただただ…。
余韻いっぱいのウルトラマラソンでした。

| 地域イベント | 10時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しまんとウォンテッド☆ダーツ

「射的やりたいがですが・・・。」
「ダーツはどうや?大きいのがあるで。」

そんなやりとりの中、回線が繋がり、
大芋煮会でダーツをやることになりました。
ダーツは以前、十和商工会青年部で制作されたもので、なんと電動式だったりします。

ウォンテッド3

栗の事業に関わる中、ほとんど多くの方が言われる鹿・猪などの『獣害問題』。
裏山を案内してもらうと、あちこちにほぜった(掘った)場所や獣道、駆け下りた時に、人の足場が無くなっていたりします。

山

「シシも生活かかっちゅうけんねぇ。」

とは言うものの、人にとっては迷惑な存在です。

そこで、楽しみながら山と向き合うきっかけになれば、
とのことでダーツを開催。

ダーツ

100円玉を握りしめ、何度もチャレンジするこどもさんや、
「大人は参加できんがぁ?」

など、好評を博しながら(?)終了しました。
次回は産業祭でお目見えするかもしれません。

栗の計量企画など、今後もしまんとの実情を体感する企画を開催したいと思います。

計量

| 地域イベント | 11時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山本紀子さん

半径3メートルに入るとなんとも言えない安心感、
心がぽっかぽかになるのがダバダ火振りで有名な無手無冠酒造
山本紀子さんです。

収穫を終えた四万十の栗。
ダバダ火振りに使われる栗の配達に無手無冠さんにお伺います。

ちょうどテレビ収録を終えたところで、今日は雅な感じのする紀子さんです。
なんだか良い予感のする昼下がりでした。

明日はフィギュアで有名な海洋堂さんの造型師さんが大正にやってこられ、
体験教室を開催されます。

まったく不器用ですが、なかなかない機会ですので参加して来てみます。
柚子が色づき始めました。

ゆずの収穫を終えると四万十は冬支度に入ります。

柚子畑

| しまんとファイター | 17時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京に行ってきました

東京タワー

『知っている人にまず会わないだろう』と言う、
街に住んでいる方にはピンと来ないかもしれないですが、
都会ならではの開放感が四万十での生活が長くなってきたことを実感させてくれます。

今日は全国の青年団のリーダー達による理事会。
現状や今後のことについて議論が活発です。

青年団会議

僕が印象に残った議論は今後の青年団組織のあり方についてです。
今は、NPOなど青年活動を応援・支援・育成する団体が多く、
このままだと青年団が埋没してしまう可能性があることです。

全国本部の活動が鈍ると、地方・地域の団にも影響は広がります。
地域ではイベントなど、何か行うにしても青年団は主催者ではなく、
参加団体のことが多く、主催は有志による実行委員会形式で行われ、
継続や地域への波及など、心もとない部分が多いのが現状です。

青年団高知

青年団は必要なのか?と言う議論は西土佐でも多く耳にしますが、
青年活動の中心は青年団であってほしいと思っています。

「やらなければならないこと」をいかに楽しく「やりたいこと」に変え、
団員が受身ではなく主体的に関わる環境を作っていくか?
が肝だといつも思い、行動しています。
このことは後日まとめてみたいのですが、北海道で学んだことが今も基礎になっています。

青年団も変化を求められているのだと感じました。
チャンスだと感じ、帰ってきました。
時計の針を動かす青年団でありたいと思います。

orengeh.jpgmikihiko2.jpgsinbun.jpg
もちつき
司会は青年団








| しまんとの青年団 | 19時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西土佐分校体育祭

分校体育祭

先日、西土佐分校で体育祭が行われ、参加してきました。
生徒組と地域(大人)組に分かれて競いあいます。
この日に合わせて、よそから戻ってくる若いOBさんもたくさんいます。

テントの中は、地域の同窓会のような雰囲気です。
いろいろなイベントがありますが、「地域がひとつ」を一番感じるイベントです


| 地域イベント | 15時07分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白眉のおんちゃん

「ほいほいほ~い。おるかぇ?」
善家さんが行くとみなさん穏やかな表情になる。
今、『四万十の栗再生プロジェクト』に関わっている。

善家さん2


善家さんはシルバー人材センター・四万十アロエの役員を勤められており、
以前は農協職員として広く営農活動に取組まれていた。

「やらないけん。」

時の村長にかけあい、四万十にゆずを普及。
年上の農協組合長とは真正面からやりあったりと、
楽しい昔話を聞きながら一軒一軒回っている。
善家さんは、古くは養蚕に始まりゆずや栗、
四万十の基幹作物の多くに携わってこられた。

善家さん1


「誰に聞いたらえいかわからん。」
以前は悪路をものともせず、村内各地で営農指導を行っていたとのこと。
生産者の方の話では、最近あまり営農指導を受ける機会も減ったそうだ。
時代そして現状が違うこともあるのだろうが、少し寂しそうだ。

「ほいほいほ~い。」
誰が名づけたか黄門様。

CIMG5607.jpg


自分の立ち位置は定まっていないが、
『栗』を通じて四万十のいまを吸収し、
この先の道をみつけたいと思う。


| 四万十の栗再生プロジェクト | 19時47分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

にぎわいすんで(中村⇔西土佐)

看板

先日開催された大芋煮会(詳細はこちら)。
地域の中での若者の立ち位置・現状を感じることが出来たみのり多いイベントでした。

旧中村市と西土佐村の交流。
今、盛んなのが商工会青年部です。
その名もHIT。

毎月1回、中村と西土佐を行き来し勉強会を開催しています。

今後ますますの交流を祈念して、『乾杯』。
HITのみなさんがステージを盛り上げてくれました。

HIT.jpg


| 地域イベント | 20時04分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西土佐カーブミラー磨き

カーブミラー磨き


今日は地域のカーブミラー磨き。
西土佐連合青年団総出でミラーのあかを落とします。
お盆・シルバーウィークと往来が激し(というより、まったく進まな)かった国道441号や、各集落沿いのカーブミラーを磨きます。

ビフォア

ビフォア

アフター

アフター

担当は藤の川。
昔林道鉄道が走った、今はおうどんの美味しい藤の川地区。
藤本事務局長の段取りと、谷口団員の俊敏さもあり、
すみずみまでごみを拾います。

コーラ缶


普段車でしか見ることのない景色も実際歩きながらだと、
川底まできれいに透き通って見え、頭がすっきりする感じです。

女性団員がかまえてくれたアイスクリームに満たされ解散です。
日中はぽかぽかですが夜はめっきり冷え込むようになってきた四万十です。

| しまんとの青年団 | 19時05分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。