| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西土佐であいイベント③ -『動』と『静』2つの四万十時間-

聞き取り調査など行ったことはありませんが、
『四万十』へお越しの観光客の多くの方が訪れるのが岩間の沈下橋。
会場となる江川崎地区から車で15分の岩間地区にその沈下橋はあります。
橋の美しさはもちろんなのですが、
この岩間沈下橋は、周りの風景(川原・山、そして石垣の集落)といった
「景観」と「日々の暮らし」が混ざり合った風景が
多くの方が訪れる理由となっていると思います。

また、四万十観光の本番はやはり夏ですが、
その中でも人気なのが観光遊覧船。
四万十川上流、蛍が大変美しい下津井地区や、
道の駅四万十とおわのある中流域十和地区のかっぱ組合から、
河口中村地区など多くの場所で利用することができます。
私たちの住む西土佐江川崎地区にも川の駅カヌー館で観光遊覧船を楽しむことができます。

今回のであいイベントでは2日目、2/19(日)に「岩間沈下橋」と「観光遊覧船」を
参加者のみなさんにお楽しみ頂きたいと思います。
初日は「ミニ運動会」や「懇親会」など「動」の企画ですが、
2日目は川原や川面の静けさなど「静」の企画となっています。
2つの特徴ある四万十時間をお楽しみください。

※川の駅カヌー館HP⇒http://www.canoekan.com/

スポンサーサイト

| しまんとの青年団 | 09時12分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西土佐であいイベント② -西土佐地域に残る『平家伝説』について-

年明けから始まった大河ドラマ「平清盛」。
ごらんになられている方も多いかと思いますが、
今回のであいイベントは「平家伝説」に因んだ企画内容になっています。
(昼ドラ風な伊東四朗さん素敵でした)

西土佐であいチラシ

ご存知のように、源平合戦は山口県の壇ノ浦の戦いで勝敗が決しました。
敗れた平家一門は四国に入り、四国山地を越え、各地に定住することになります。
有名な場所としては徳島県の祖谷、
高知県も越知町横倉に残る安徳天皇(清盛の孫)の伝説など各地に足跡が残っています。
私たちの住む四万十市西土佐地域も平家伝説が残っています。
主なものとしては平家の侍大将と地元の娘さんとの「君が淵の悲話」、
峠から弓を放ち、落ちたところを中心に集落を3等分に分けたと言われる
「藤の川」地域の話などいくつも伝承が残っています。

「君が淵」、そして西土佐に入った平家一行が潜伏したと言われる権谷地区の「白綾の滝」は
「パワースポット」としていくつかの本で紹介されています。

今回はこれら西土佐地域に残る「平家伝説」に基づいて、
チーム対抗で(軽く)競い合いながら、学び・ふれあうことをテーマに、
軽スポーツ的なミニ運動会を通じて参加者のみなさんに交流して頂こうかと考えています。


当日は「体育館シューズ」「ジャージ等運動ができる格好」をお持ち頂き、お越しください。




| しまんとの青年団 | 16時26分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高知県であいきっかけ応援事業 in 四万十西土佐であいイベント

寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
来月18(土)19(日)、私たち西土佐連合青年団が中心となって「であいイベント」を開催します。
冬ならではの四万十の魅力をお楽しみ頂き、多くのにぎわい・ご縁が生まれるよう盛り上げたいと思います。
よろしくお願いします。

西土佐であいチラシ

-あいさつ-
「青年団」と聞いて「はて?」と思う方も多いと思います。
「青年団」は地域ボランティアや夏祭りなど「地域の盛り上げ役」として高知県内にかつてありました。
かっこよく言うと「地域の『結』(コミュニティ)を守り・育てていく」集まりです。

普段の活動は、もっぱら集まってワイワイ(宴会)しています。
一般的なサークルと若干違うのは「カーブミラー磨き」や「一人暮らしのお年寄りにお餅を配った」り、
「福祉施設へ慰問」、「夏祭りの後」など、ボランティア・活動の後にわいわい(宴会)することで、
ちょいちょいやった感じ・達成感があるのが特徴です。

他にも「成人式」の進行を行い、
昨年は県内各地の若いみなさんに声かけをして「よさこいで繋がる東北復興支援・交流の『絆』」を主催しました。

2年前にも西土佐商工会青年部が中心になって「であいイベント」を行ないました。
冬に行うことで、観光振興のきっかけになれば?
四万十は冬になると観光客の方がぱったり来なくなります。
冬は寒いですが、「四万十の鍋」「澄み切った天の川」など冬ならではの魅力もあります。

今回は大河ドラマが「平清盛」と言うことで、
「平家伝説」に因んだ企画を考えました(のっかれるものにはのっかれと・・・)。
多くのみなさんに(定員はありますが…)この機会に四万十へ起こし頂ければ幸いです。

しまんとへおこしまんと♪
団員一同、当日みなさまとお会いするのを楽しみお待ちしております。

| しまんとの青年団 | 18時40分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人権学習会

四万十市各部落ごとに開催される「人権学習会」。
先日は青年団主催で、オレンジハウスで開催しました。
タイトルは相当固いイメージですが、講師の山本衛先生の話は、
聞いていて吸い込まれる、講談師のような先生でした。

テーマは青年団の歴史と、東日本大震災。
高知県の青年団の始まりは、
昭和の南海大地震の際、中村の青年、兼松林檎郎さんが幡多管内の若者を動員し、
当時10年かかると言われた復興を半年で目処が立つところまで持っていったとのことです。
この時の若者の連帯が基になり、中村や幡多、
そして高知県青年団へと繋がって行ったとのこと。

まったくと言っていいほど知りませんでした。
えらい時代も変わったもんだなと、改めて思いつつ、
この夜をきっかけに、中村のみなさんといっしょになって、
青年活動の機運を高めて行きたいと思います。

写真(59)

| しまんとの青年団 | 00時08分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第4回西土佐産業祭

「騒音にならんよう気をつけろよ~。」
2年に1度開催される産業祭。
西土佐運動会と入れ替わりで隔年開催です。

2年前は課長、今年は支所長の秋元支所長。
いつも辛口ですが応援してくれます(たぶん・・・)。
今回もオープニングを元気に盛上げていただきました。

星の郷実行委員会ではいつものにぎわいステージを開催。
鳴子踊りと、さんしん、あと一息で全国駅伝だった、
西土佐中学校の音楽部のみなさんの演奏で盛り上がりました。

写真(58)

午後はファイティングドッグスの山中選手や南海大地震に因んだ
クイズ大会を行いました。

青年団はお化け屋敷を初めて開催。
リアルに途中で引き返すお友達も出るなど大盛況(?!)でした♪

写真(57)

また、先日立ち上がったHITのみなさんによる取材。
アイドルレポーターの娘さんは、
なんでも前向きにトライされ今後が楽しみです。

運営側だったこともあり、
ほとんど写真が無いのが申し訳ないのですが、
天然娘さんなど、西土佐のみなさんのブログでお楽しみください♪

毛利さんとおつかれソフトを食べながら総括。
中略の部分が多すぎますが、
土佐の国は今も昔も、といつも思います。


| しまんとの青年団 | 21時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。